Loading...

スタッフ日記

 日が暮れるのが早くなって冬が近づいている事を感じる毎日です。
 冬は夏に比べると40~50時間程度日照時間が短いそうです。日照時間が減ると「季節性感情障害」と呼ばれる不調が起きやすく、「疲れやすい」「イライラしやすい」「朝起きられなくなる」などの症状が出るようです。脳内の「セロトニン」という神経伝達物質の分泌が日照時間に影響されるのが原因なので、これからの季節は早起きして朝日を浴びるなど日に当たる時間を増やすと良いみたいです。
 正しい生活リズムで食生活を整えるというのが常に健康でいるためには必要ということですね。冬を元気に乗り切るためにも私も実践しなければ!


メディア情報
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031