Loading...

身体の使い方

身体の使い方とは

身体本来の力を取り戻すための方法です

体に対して無理なく力を加えさせることによって、体の緩みをだし、本来の体の力を引き出します
 

人の体の本質として大きく二つ存在します。右利き 左利きであると言う事です。

これがあることにより体は左右どちらかを軸に体を動かすことになります。

この軸を使うことにより体の力を飛躍的に伸ばすことができます。

 

 

例えば

右利きの人がが左利きの方へ重心がずれていたらどうなるか

右利きなのに、左側がなぜか力が強くなっており、右側の力が弱くなるということが起こります

 

これを正しい位置に持っていきつつ、良い状態をさらに緩めることによりさらに力が入るようにすることがでいます

 

本来みなさまが使ってる筋肉パワーを最大限に引き出すことができるようになるということです

 

もう一つは重心の位置です

重心の位置として前側と後ろ側にあるのですが、自分本来の力の出る場所があるので

それをまずは知るということが大切です

よく4スタンス理論と同じですか?と言われますが、似ているようで違います

当院では前と後ろと外股と内股という内容になってきます

人間の構造上理想的であるのが、前か後ろの外股です

前か後ろの内股の方は要治療が必要となります

なぜこうなるのかは是非体感して頂きたく思います

これらを二つ理解できブログで書いている力の使い方を学んで頂くと

 

  • 足が速くなった
  • 投球スピードが上がった
  • キック力が増した
  • 体当たりで負けなくなった
  • 試合で結果が出た

などの効果がでてきます。是非体感してみて下さい。

実際使えるようになるとどうなるのか
若くて力の強い彼と押し合いをして勝てるかどうかを体現した動画です

もちろん治療や腰痛、肘、膝の痛みの緩和のための動きにも使えます。
ギックリを引き起こさないための動きや、膝に負担をかけない動き、
スポーツ中のケガをしないためのフォームなど
多数ありますので、お気軽にご相談下さい。

人の体は足を地面につけて動きを出していきます。
地面に体が設置していることを利用することによりより力をいれることができます。
そこまで体を使えるようになると、プロスポーツ選手のように体の負担が減り、動くのが楽しくなってきます。

 

みなさまが同じ状態になれるようご協力させて頂ければと思っております。