Loading...

テニスが上手くなるひと上手くならない人の違い

皆さん こんにちは 葛西 CA鍼灸整骨院 髙岡 です

テニスで上手くなる人と上手くならない人がいっぱいいると思います。その違いはなんなのかと言うことを身体の所見からお伝え致します。

まずは上手くならない人の特徴です

「よく聞くのがいっぱい練習してるのに上手くならない」、「コーチが教えてくれない」「球出しだけ打ってても上手くなる気がしない」

正直その通りだと思います

しかし、上手くはならない・・・

なぜか?

皆さん上手くなれるポテンシャルを実は持っているのにそれを活かそうとしないからなのです

いっぱい練習してますよ、月に10万以上お金を使ってます

半端ないと思います、とても努力されてます、絶対上手くなると思います

でも実際は上手くなりません

 

 

どうして?

 

それは練習にしかお金も時間もかけていないからなのです

は?

練習した方が上手くなるに決まってるじゃん

ここに落とし穴があるのです

練習について行けるだけの体力、筋力がないことに気がついてないのです

テニスは身体のバランスを崩さずに打つことがなにより大事なのに

走って打つときに身体がブレている、間に合わない、走れない

これでは絶対に上手くなりません

相手は自分のいないところにしか打ってくれませんよ?

まずはここから見直して下さい

体力、筋力は時間さえかけれればお金はいりません

自分のやる気次第です

あたりまえですが、これをやってる方は上手くなってます

確実に

ボールに追いつくのが早い、動きが機敏、体力が多い

こういう人で下手なままの人はみたことがありません

打つのは上手いけど動けないというプロ選手なんていませんからねw

 

それともう一つ

上手くならない人の特徴として

自分の身体にお金を使わない人に多いです

テニスの練習や道具やサポーター等にはお金を使うのですが

自分の身体にはお金を使いません

上記で上げた身体のトレーニングなども含まれますが

自分の身体の痛いところを治すという人があまりにも少なすぎます

肩が痛い、肘が痛い、膝が痛い、足が痛い

テニスやってればいずれよくなるだろう

と思っていませんか?

筋力、体力があるひとはそれでも治ります

それもない方は残念ながら治ることはありません

ちゃんと自分の身体と向き合いましょう

向き合ってない方は上手くもならないし、引退する人が多いです

もったいないので気をつけましょう

 

上手くなる人は全部やっています

上手くなって当然なのです

やらない方は上手くならなくて当然なのです

 

今まで上手くならなかった皆さん、これからは上手くなりますので、是非頑張って下さい

動ける身体でのテニスはとにかく楽しいですよ