CA鍼灸整骨院

宮城の名湯 鳴子温泉へ

7月30日・31日は、社内研修の為、診療をお休みさせていただきました。

土日に来院される方には、大変ご迷惑をおかけいたしました。

今回の社内研修は、宮城県大崎市にある鳴子温泉郷 鳴子ホテルにて行いました。

研修目的は、温泉の効能による身体への効果を検証することでした。

結論としては、

温泉に浸かることによって代謝が上がり、筋肉が緩むことにより普段感じている痛みが減少する

ことを実感しました。

私は普段からマラソンをしていますが、足首が固く、くるぶしやすねの周辺の痛みがなかなか抜けない状態でした。

しかし、鳴子ホテルのお湯に浸かると、普段から硬いところや押すと痛いポイントが、明らかに無くなるのです、、、

多少の痛みは残りますが、今まで何をやっても軽減しなかった痛みが、お湯につかるだけで実感できるほど軽減したのは明らかでした。

2日目の朝に10kmほど走りましたが、全くと言っていいほど痛みがありませんでした。その他、温泉に浸かることにより代謝が上がった影響か、全身の疲労が抜けて軽くなり、起床して30分後に走っているとは思えないほどのコンディションでした。

鳴子ホテルの温泉は、痛みが抜けるだけでなく肌がモチモチになりハリやツヤが良くなり、デトックス効果も実感できました。

女将さんのお話では、東日本大震災で被災された車いすのご高齢の方が、4ヵ月間毎日温泉に浸かったところ、歩けるまでに回復されたそうです。

自分達の施術も、この温泉のような効果を出せることが重要だと改めて認識しました。

そして、女将さんのお話にもあるとおり、続けることにより治せる身体になることが大事だと感じました。

ここからは鳴子ホテルへ向かう途中に寄り道した松島での様子です。

鳴子ホテルのチェックインは15時からなので、ホテルへ向かう道中、松島へ寄り道して朝ごはんとお昼ご飯を食べました。

朝ごはんは、松島さかな市場にて蒸し牡蠣と牡蠣飯を堪能しました!

食べやすい身の大きさです。

味は、うま味と甘みも感じますが、全体的にさっぱりした味わいで、これはこれで食べやすい大きさと相まって無限に食べられる牡蠣でした。

牡蠣飯は、牡蠣のうま味が生きるようにやや薄い醤油で炊き込まれたご飯が甘みもあって素晴らしかったです。牡蠣のうま味との相乗効果で、今まで食べた牡蠣飯の中で一番旨い!と感じました!

その後、瑞巌寺の参道や周辺、円通院を散策しました。

参道周辺は、東日本大震災で地盤沈下し土盛りしたり、塩害でダメになった木を伐採などしたそうです。津波到達点の看板もありました。

次は、かまぼこ焼き体験をしました。

表はキレイに焼き目がつきましたが、裏は少し焦げてしまいました。熱々のかまぼこは、表面はパリッと中はもちもちしていて魚の濃厚なうま味と相まって、その場でしか味わえない美味しさを感じることが出来ました。

お昼ご飯は、牛タンのお店として有名な利久にて、牛タンとカキフライを食べました。歯ごたえがよく噛めば噛むほどうま味があふれ出る牛タンは絶品でした。カキは、小ぶりながらプリっとした身で衣がサクサクジューシーで、カキのうま味と相まってとってもジューシーでした。

贅沢な朝食と昼食でお腹を満たして、鳴子へ向けていざ出発!

松島から鳴子ホテルまでは1時間半ほどだったでしょうか?

午後3時。

鳴子ホテルに到着!

チェックイン後は、さっそく温泉へ。

お部屋からの風景。

目の前は小学校です。

周りは山々にかこまれて大自然を感じました。

夕食。

この他に、ご飯2杯とエビの塩焼きを頂きました。 全部美味しかったです。

とにかく美味しかった!

2日目の朝、朝食前にしっかりランニング。

やっぱり旅先でのランニングは最高です!

4時に起床して、4時半から走り始めました。

温泉に浸かって代謝がUPした影響か、痛みもなく疲労も抜け軽快なコンディションでした。

気温は、18℃くらいだったと思います。

久しぶりに気持ちのいいランでした!

朝食は、大女将さんの作るあんこ餅が絶品でした。あまりの美味しさに6個くらい食べてしまいました(笑)

味の詳細は書きません(笑)

6個も食べてしまうくらい美味しかったです。

朝食前に10km走ったからでしょうか???

以上が、鳴子温泉での研修レポートになります。

まだまだ伝えきれていないところもありますので、ぜひ院へお越し頂いてお話を聞いて頂ければと思います。

最後に・・・

素晴らしい湯に、美味しいお料理、温かく迎えてくださったスタッフの皆様、素敵なホテルに宿泊出来たことに感謝致します。

是非また来たいと思います。

ありがとうございました!

名湯の宿 鳴子ホテル

〒989ー6823

宮城県大崎市鳴子温泉字湯元36

TEL :(0229)83ー2001

鳴子ホテル 公式ホームページ

https://www.narukohotel.co.jp/

鳴子ホテル Instagram

https://www.Instagram.com/naruko_hotel


メディア情報
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

         

友だち追加